カテゴリ:本、映画、芸術 usw.( 29 )
Ai Udagawa exhibition in Ningyocyo, Tokyo
妻の展覧会があります。
お近くにお住まいの方どうでしょうか。
カフェついでに。

宇田川 愛
Ai Udagawa

2011.06.19 - 07.03

人形町三日月座
www.mikazukiza.com
f0018022_23151218.gif

[PR]
by sueshin114 | 2011-06-15 23:15 | 本、映画、芸術 usw.
よめの従姉の展覧会へ
皆様ごぶさたしております。
まったく更新せず、いろいろありまして、やっと一段落できました。

よめさんと前いたところにひきつづき住んでます。
すべてのみなさんにご報告できず、徐々に皆様と話ができればと思ってます。


早速近況として、今日はお盆休みを利用して、鎌倉に行ってきました。

ガラス玉を作成しました。

f0018022_2032487.jpg


よめさんの従姉の陶芸作品とそのご友人のガラス作品の展覧会にお邪魔し、かつガラス玉まで作らせてもらいました。
創るということに妥協したくないという心意気がまた出てしまい、ついつい真剣に。。。


だいぶ昔にいった近代美術館の7つのインスタレーションの写真も。
一番のお気に入りはこれです。

f0018022_20401636.jpg


いろんな賛否両論のある展覧会のようですが、僕はこのインパクトが好きです。
どんな人が見てもこれにはなにかしらのインパクトを受けるはず。
建築と芸術、美術は違うものだと考えている今日このごろでは、やはり建築に踏み込んでいない人がこういう展示を見るとどう感じるのかを考えてしまう。

展示するという場を考えることは楽しいことだが、難しい。
[PR]
by sueshin114 | 2010-08-15 20:44 | 本、映画、芸術 usw.
Locarno映画祭
以前言っていた映画祭に行ってきました。

f0018022_2344228.jpg


昨年は日本人の作品がコンペ部門でグランプリを取ったこの映画祭。今週末の最終日にはアニメの作品を集めたところで、ゲゲゲの鬼太郎も来ます。

今回は屋外の会場で

directing : Philipp Stölzl
"NORDWAND"

を見ました。この監督は良く知りませんでしたが、アメリカの有名なミュージシャンのPVを作っている人だそうです。

体育館のような会場で

directing : Lionel Baier

"UN AUTRE HOMME"

を見ました。この監督はこれまた良く知りませんでしたが、地元スイスのLausanne出身の方のようです。映画もLausanneがロケ地になってます。

最近映画と言ってもメジャーな作品ばかりを見すぎて、久しぶりに映画というものの面白さを感じれました。
映画祭はヨーロッパにくるまで良く知りませんでしたが、音楽のイベントやArtのメッセとまた一味違い、映画の持つ魅力しかできない場を形成しているんだと思います。
[PR]
by sueshin114 | 2008-08-12 00:03 | 本、映画、芸術 usw.
Art Basel 39
先週末BaselでArt Baselを見てきました。
これで何度目というほど、毎年行ってる気がします。

f0018022_461326.jpg

中はいちよカメラの持ち込み不可ということで、今回は写真の掲載は控えさせていただきます。
おなじみのKoyama GalleryではAiのお友達の大きな作品がすぐ目につくところにありました。
去年の清澄白河での個展も拝見させてもらいましたが、Baselでもなかなかの好感触のようでした。
僕は個人的に好きなArtistです。
皆さんもチェックしてみてください。

Yuko Someya

他にもいろいろ気になる作品は一杯ありました。
どのギャラリーがどんな空間で、どんな作品をプレゼンしているのかばかり見ていた気がします。
ここにも仮設としての建築ということがもっと入り込めるはずですね。

f0018022_416182.jpg


以前ここでも書いたMario Bottaの建築でも有名なMuseum Tinguely。
Kunstmaschinenという仕掛けのあるアートの展覧会が行われてました。
きれいな空間でした。

f0018022_4192895.jpg


先週の土曜はEuro2008の開催日。かつBaselでスイスの初戦でした。
ということでまちはすごい人。
今日はスイス、負けられない第二戦目。対トルコ戦。
ちょうどこれを書いている今行われてます。というか、先ほど仕事場の下のレストランから大きな歓声が。。。

f0018022_4223587.jpg


Zuerich中央駅にはこんな巨大モニュメントもできてます。

簡単ですが、とりあえずこんな感じです。
今後もEuro2008は目が離せません。ポルトガルかなあ。。。
[PR]
by sueshin114 | 2008-06-12 04:30 | 本、映画、芸術 usw.
Indiana Jones new movie
結構ミーハーなんで、見てきました。
同じみのこのシリーズ。イタリア語ではちっともわからないので、ドイツ語放送のあるドイツで、見ました。

おなじみの音楽。高校生のころ、吹奏楽で演奏したあの曲。
久しぶりに思い出しました。

映画は結構CG一杯で、いままでの雰囲気がちょっと台無しな感じも。。。
まあでもおなじみのキャストで、楽しめました。

ハリソンフォードは年をとっても、すごい。演技やスタント、やっぱりこのシリーズには欠かせない存在なんだということを改めて確認。

どの映画にも必ずと言っていいほど使用されるCGは、今の映画には切っても切りはなせいもの。
どの映画を見ても、そのすごさは圧倒されるばかり。
そんなCGで表現される世界は本当の世界のようで、仮想の世界。
特に建築に関しては、そのデザインは実現しそうで、どこか遠い未来のような存在。
そういったデザインは少しずつ現実に滲み出しているような気がする。
それはデザインがそういった"近未来"に憧れ、そこに辿りつこうとしているのか。
それとも技術が進んで、未来的なものではなく、現代の建築として創りあげることが可能になっているのか。

10年後、20年後はこういったCGはなくなり、どういった"CG"が出てきているのだろう。
それともCGは使われなくなっているのかもしれない。
[PR]
by sueshin114 | 2008-05-25 01:09 | 本、映画、芸術 usw.
Ai Udagawa個展 その2
残念ながら来れなかった方々に少し様子をお伝えします。

大学の一室で行われた展覧会です。
ちょこちょこと準備を済ませ、オープニングにはちゃんと間に合ったので、まあ一安心。

僕はそこまで美術のことはわからないんで、そんなにコメントはできませんが。。。
彼女の世界が垣間見えるようで、個人的には楽しめました。

オープニングにはたくさんのお客様が来たので、これまた一安心。
先生や同級生に様々な意見をもらったようですが、無事成功と言えるのではないでしょうか。

f0018022_2217201.jpg
f0018022_22185374.jpg


またドイツで展覧会が行えるでしょうかねえ。。。
それとも次回は日本でしょうかねえ。。。

皆様またのお越しをお待ちしております。
[PR]
by sueshin114 | 2008-05-24 22:20 | 本、映画、芸術 usw.
Ai Udagawa個展
じゃーいちよここでも宣伝しましょう。

Ai Udagawa exibition of her works

19. Mai.08 - 24. Mai.08
Eröffnung: Montag, 19. Mai, 18:00

Mucharaum
der Staatlichen Akademie der Bildenden Künste Karlsruhe

ドイツでお近くにお住まいの方々、オープニングには僕も駆け付けますので、ぜひ皆様とお会いできるのを楽しみにしています。
よろしく。。。

ちなみにDMは僕が作らせてもらいました。HPにアップしてます。
[PR]
by sueshin114 | 2008-05-08 01:40 | 本、映画、芸術 usw.
Freitagのバック
f0018022_18431817.jpg


この2年くらいで増えに増え、こんな感じになりました。
日本でもだいぶ普及しているようで、このマークのバックをよく見かけます。
でもStuttgartやスイスではこのバックを持っている人をほとんど毎日見かけるほど、いろんな人が持ってます。

only1のバックということで、似ているようで違うというものも多いですが、ここまで集まってくると、もうお店ですね。
日本で直営店でも開きましょうか。
吉祥寺あたりに。
[PR]
by sueshin114 | 2008-01-19 18:46 | 本、映画、芸術 usw.
skulptur projekte münster 07 その2
遅くなりましたが、続きです。

f0018022_4322063.jpg

期間限定の展示本部ブース。一階が情報やらガイドなどのインフォメーション、二階は本屋になってます。隣の建物と繋がって、カフェがあります。
金属パネルのファサード。

f0018022_4362035.jpg

Square Depression (Quadratische Senkung)
Bruce Nauman

逆ピラミッド型のこのモニュメント。地形の動きが感じられるようなこの作品は、なかなか興味深かったです。

f0018022_4453425.jpg

The Lost Reflection (Das verlorene Spiegelbild)
Susan Philipsz

女性の歌声が反響するようなインスタレーション。寒々しい桁裏のデットスペースが少し温かくなっように感じる。

f0018022_4503929.jpg

Pier
Jorge Pardo
これは前回のインスタレーション。このように昔の作品もちらほら残ってます。

最後にMünsterは古い町並みが残っているAltstadtのあたりなんか、きれいなまちだった。
彫刻がまちに溶け込み、そしてまたまちを形成する。
芸術は難しいけど面白いと思った。

f0018022_4555051.jpg

きれいなファサードが残る建物もちらほら。
[PR]
by sueshin114 | 2007-09-08 04:56 | 本、映画、芸術 usw.
Skulptur projekte münster 07
Münsterで10年に一度行われている彫刻の展示イベントにも行ってきました。
今回で4回目となります。
今年は同じ時期に大きなイベントが重なってます。

skulptur projekte münster 07
17.06.2007 - 30.09.2007

まちの中に気づかないようなところに佇む作品。CGのようにまちにはめ込んだ作品。こういったまちの中にあるパプリックアートはおもしろい。そこにはまわりの環境があり、まわりの生活の息がある。建築や土木、都市とはまた違うが、どこか通じるものがある。デザインとはそういうものなんだと思う。

作品紹介

f0018022_62433100.jpg

Blume für Münster
Marko Lehanka

f0018022_6283048.jpg


f0018022_647050.jpg

Münsters Geschichte von unten
Silke Wagner

CGみたい。公共の場で繰り広げられるものは社会的メッセージ性の強いものが多い。
作者の意図がわかりにくいものも少なくない。
そしてわかりやすそうだからといってそのまま解釈していいものかどうか。

(つづく)
[PR]
by sueshin114 | 2007-09-04 06:49 | 本、映画、芸術 usw.



建築、構造、土木、景観、Jazz、サッカー、自分 様々な奮闘記と頭の整理
by sueshin114
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
建築と土木と都市
Jazz
サッカー
Deutschland
Switzerland

本、映画、芸術 usw.
食べ物
自分
以前の記事
2013年 02月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
more...
タグ
Link
お気に入りブログ
FRDMOPTN
ベルリン中央駅
K Y U C O S ...
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧